利用しなくなったカードローン

利用しなくなったカードローン

カードローンは便利ですが、その使い道は人それぞれです。普段の買い物やレジャーで使う人もいれば、緊急でお金が必要になって借りる人もいます。一例を挙げれば緊急の入院費などです。もしもお金の問題が解決し、カードローンの残債も完済した時、そのカードを持ち続けるか解約するかで悩む人もいます。

 

カードローンをそのまま所持していても、完済していれば利息も維持費もかかりません。また、次にお金に困った時には申込み不要でサッと借入れができます。そのため、いざという時の備えとしてカードを持っておく人は多いです。

 

しかし、カードを所持しているのにもデメリットはあります。カードローンの契約が生きているので、ついつまらない理由で使ってしまう人には向いていないかもしれません。カードを解約してしまえば、誘惑に負けてしまう可能性は低くなります。

 

また、カードローンの契約が残っていると、マイカーローンや住宅ローンの審査に影響を与える場合があります。カードローン契約中は、借入残高がない場合でも、いつでも限度額まで借りられる状態です。こちらの枠の金額も審査に影響を与えるので、これが理由で審査に落ちる可能性もあります。

 

これから住宅や車をローンで購入する予定がある人は、この機会に一度整理した方が良いかもしれません。

 

そのほかに借り入れを一本化して元々借りていたカードローンの契約が残っている場合でも、再び借りてしまわないために解約をすべきです。おまとめローン利用後の解約は任意となっていますが、正しく安全におまとめローンの返済を進めていきたいのであれば、余計なカードローンは解約すべきです。